HOME > 福岡県獣医師会とは

公益社団法人 福岡県獣医師会とは

福岡県獣医師会は、県内の獣医師を会員としている団体です。

動物私たち福岡県獣医師会は、県内の獣医師を会員としている団体です。
皆様もご存知のとおり獣医師は、犬や猫をはじめとするあらゆる動物の病気を治したり病気の予防をすることが主な仕事です。

でも、それだけではありません。
食中毒の防止など、皆さんが安心して食品を口にすることができるよう見えないところでサポートしたり、狂犬病や牛海綿状脳症(BSE)、高病原性鳥インフルエンザなど人と動物の共通感染症の広がりを防ぐのも大切な仕事です。

また、社会問題となっている犬猫の過剰繁殖問題改善のために不妊去勢手術の啓発活動をおこなったり、子供たちに動物愛護と命の大切さを学んでもらうための学校飼育動物の適切な飼い方をアドバイスしたり、傷ついたり病気になった野生動物を保護して治療を施し自然にかえしたり、目の不自由な方の大切なパートナーである盲導犬の病気の予防や診療のサポートをおこなったり、ペットが迷子になった場合に飼い主を見つけることができるマイクロチップによる動物登録の普及と推進をおこなったりと、様々な活動を展開いたしております。

人と動物が共存する心豊かな社会を築くお手伝いができるよう努力してまいりますので、皆様のご支援のほどよろしくお願いいたします。

⇒福岡県獣医師会の主な活動内容

会長挨拶

福岡県獣医師会のホームページにアクセスしていただき有難うございます。  

公益社団法人 福岡県獣医師会 会長 草場 治雄
福岡県獣医師会は、公益社団法人として、動物の健康と人の健康を守り、県民の福利厚生に大きく寄与する団体です。

福岡県獣医師会の業務は、大きく3本の柱があります。
1つは、産業動物獣医療、並びに家畜伝染病の防疫対策です。この対策は、官民一体となってやらなければなりません。
2つ目は、食の安全・安心、並びに人と動物の共通感染症対策です。特に狂犬病予防対策は、極めて重要な任務であり、公衆衛生・環境衛生を担う職域としての中核でもあります。
3つ目は、小動物獣医療対策と思います。家庭動物はペットから家族の一員となり、獣医師に対してより高度な治療が望まれる時代となりました。

獣医師の資格は、国民の生活と密着し、国民の身体的、精神的基盤を支える資格であり、国民の生活を守る責務があると思います。
獣医師会は獣医師の集まった知的頭脳集団であり、知的技能集団でもあります。これらの知識、技術を生かし、動物愛護活動、学校動物の飼育支援活動、自然保護活動、希少動物の支援活動、並びに災害時動物救護活動等が求められています。

私共は、関係団体と連携をとり、公益社団法人として、県民の期待にこたえられるよう獣医師会活動を活性化させ、福岡県の発展に尽力してまいりたいと思います。
皆様方の温かいご支援を賜りますようどうぞよろしくお願い申し上げます。

平成25年 7月
公益社団法人 福岡県獣医師会
会長:草場 治雄

アクセスマップ

大きな地図で見る

〒810-0042 福岡県福岡市中央区赤坂1-4-29
TEL092-751-4749 FAX092-751-4751