HOME > 平成29年度北部豪雨災害に係る被災動物一時預かりについて

平成29年度北部豪雨災害に係る被災動物一時預かりについて

2017年8月23日

 福岡県において、九州北部豪雨ペット救援本部が7月14日付で設置されました。福岡県獣医師会は構成員として、福岡県と一体で救護活動に取り組んできました。
 被災動物受け入れ病院数では、犬11頭・猫16頭の12頭を受け入れておりました。現在は、応急仮設住宅も出来上がっており、ペットと同居可能な施設に一緒に住むため引き取られたり、長期に預かり施設に移動したりで、犬1頭・猫4頭が動物病院で預かっております。
 これまで犬8頭、猫12頭が帰っていきました。また犬2頭については、避難長期化のため九州災害時ペット救援センター(大分県玖珠郡九重町)に移送し、預かっています。
 今後の動物病院での預かり支援につきましては、問い合わせもありませんので、一応8月末で終了いたします。
 また、その他の健康等の相談につきましては、これまでどおりお受けいたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

【長期預かりとなるペットについては、大分県玖珠郡九重町の九州災害時ペット救援センターへの長期預かり(原則3ヵ月間)を紹介しています。】

2017年8月3日

 福岡県において、九州北部豪雨ペット救援本部が7月14日付で設置されました。福岡県獣医師会は構成員として、福岡県と一体で救護活動に取り組みます。
 被災動物受け入れ病院数が、現在27病院で犬猫あわせて94頭の収容許容となります。豪雨災害発生後、1か月が経過しようとしております。
現在の受け入れ状況は、犬2頭・猫10頭の12頭となり、これまで犬7頭、猫6頭が引取りされました。また、犬2頭については、避難長期化のため九州災害時ペット救援センター(大分県玖珠郡九重町)に移送して預かっています。

【長期預かりとなるペットについては、大分県玖珠郡九重町の九州災害時ペット救援センターへの長期預かり(原則3ヵ月間)を紹介しています。】

2017年7月20日

 この度の豪雨で被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。まだ危険な状態が続いておりますので、皆様のご安全には十分に気を付けてください。
 福岡県獣医師会では被災した動物の一時的な収容場所を準備しております。
 7月20日現在、県内27の動物病院において犬48頭、猫46頭の受け入れ場所を確保いたしました。
 被災者の方で犬・猫の一時保護を希望される方及び動物の健康の相談についても、福岡県獣医師会までご連絡ください。

公益社団法人:福岡県獣医師会 事務局 倉重
〒810-0042 福岡県福岡市中央区赤坂1−4−29
TEL:092-751-4749 FAX:092-751-4751
受付:月〜金曜日 AM9時〜PM5時

PDFはこちら

2017年7月13日

 福岡県において、九州北部豪雨ペット救護本部が7月12日に設置されました。福岡県獣医師会は構成員として、福岡県と一体で救護活動に取り組みます。
 被災動物受入れ病院数が、現在24病院で犬猫あわせて88頭の収容可能となります。
現在の受け入れ状況は、犬11頭・猫11頭の22頭を預かっています。

2017年7月12日

 この度の豪雨で被災された皆様には心からお見舞いを申し上げます。まだ危険な状態が続いておりますので、皆様のご安全には十分に気をつけてください。
 福岡県獣医師会では被災した動物の一時的な収容所を準備しております。
 7月7日から現在まで、県内24の動物病院において犬44頭、猫44頭の受入場所(協力動物病院の入院施設を利用)確保しております。
 被災者の方で犬猫の一時保護を希望される方は、福岡県獣医師会までご連絡ください。(被災動物の健康相談についても、お受けいたします。)

公益社団法人:福岡県獣医師会 事務局 倉重
〒810-0042 福岡県福岡市中央区赤坂1−4−29
TEL:092-751-4749 FAX:092-751-4751
受付:月〜金曜日 AM9時〜PM5時

PDFはこちら

2017年7月7日

この度の豪雨で被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。まだ危険な状態が続いておりますので、皆様のご安全には十分に気を付けてください。
福岡県獣医師会では被災した動物の一時的な収容場所を準備しております。
7月7日9:00現在、県内の20の動物病院にて犬37頭、猫40頭の受け入れ場所を確保いたしました。
被災者の方で犬猫の一時保護を希望される方は、福岡県獣医師会までご連絡ください。

公益社団法人:福岡県獣医師会 事務局 倉重
〒810-0042 福岡県福岡市中央区赤坂1−4−29
TEL:092-751-4749 FAX:092-751-4751
受付:月〜金曜日 AM9時〜PM5時

PDFはこちら